前撮りの強い味方!フォトプランナー

素敵な前撮りをしたいならフォトプランナーに依頼してみるといいかも

最近はウエディングについてこだわりを持っているカップルが多くなり、派手で規模の大きな挙式ではなく二人らしいこだわり結婚式にしたいと願うカップルもいます。
前撮りについてもほかにあるような写真ではなく、二人らしい写真を撮りたいと、フォトプランナーの力を借りることもあるようです。

ふとプランナーというのは、前撮りの相談の際に、その写真をどうとるか?要望を聞いてその要望がかなうような撮影を企画してくれる人です。

前撮りの際にはヘアメイクのスタッフ、カメラマン、様々な人たちが関わって撮影することになりますが、このスタッフの間に立って、カップルの意思を伝える橋渡し役となってくれます。

二人と同じ目線に立ってくれるので、こうしたいという願いを引きだして、ふぉつプランナーがついたことで二人が思った以上のすばらしいウエディングフォトになったと喜ばれるカップルも多いのです。

結婚式を行う今最高の時期にいるカップルの魅力をどうひきだすか?どのようにフォトの中にその思いを閉じ込めるか、こうした知識や技術をしっかり持っているフォトプランナーがいれば、お二人の前撮りも最高の一瞬を切り取った思い出深い作品となるでしょう。

お二人の希望に沿ったプラン、場所を提案してくれる

フォトプランナーの頭の中には、ウエディングにあったスポット等が沢山詰まっています。
例えば緑がいっぱいでその木洩れ日の自然光が美しく花嫁さんを照らしてくれる、自然の中のスタジオ的な穴場、遠くに海が自然に見えてわざとらしくない写真が撮れる場所等が頭の中に沢山入っているので、要望に応える場所をすぐに提案できます。

こういう雰囲気の写真を撮りたいという要望を聞き、だったらここが最高と思うロケ地を選択してくれる、そこをホームページや自分が取ってきた写真などを見せて二人に説明し、このロケーションの中で、例えばお二人がイメージする60年代的な撮影をされてはいかがでしょう?と具体案を出してくれるので、カップルが創造しやすいのです。

伝えることが下手でも大丈夫

カメラマンにいくらこういうイメージの写真と説明してもわかってくれない、説明の仕方がわからないという時、フォトプランナーがいれば、お二人がおこないたい印象をしっかり説明してくれます。

こういう構図の写真が撮りたいという時でも、カップルによっては、その写真そっくりに撮影してほしい場合と、こういうイメージだけれど二人らしさも出してほしいと願う場合があります。

こうした細かいカップルの要望をかみ砕いてカメラマンに伝えるのもフォトプランナーの仕事です。
リクエストをどう行うかによって全く違うイメージの写真となるので、伝え方が下手だと思うカップルは、フォトプランナーに依頼した方がより美しい撮影になるでしょう。