ブライダルフェア参加の前に確認すること

結婚式を行うことが決まったらブライダルフェアに行こう!

プロポーズを受けて死あわせの絶頂の中、ウエディングの様々な事をカップル二人で決めていく時間は、とても大切な時間となりますし、幸せに満ちた時間になると思います。

日本でも様々な挙式スタイルがあり、最近はレストラン挙式や森の中の挙式など様々な形があり、これから結婚される多くの方が自分たちの理想的なウエディングをめざし検討されていると思います。

ゲストの皆さんも慣れていて、スタッフもウエディングについて専門的知識を持っていることから、安心して挙式できるとなれば、結婚式場です。
プラン等も多数あり、見学に行くこともできるので、納得のいく素敵なお式をしたいというカップルの多くが、こうした結婚式場でのウエディングを選択されています。

プランに沿って・・・ではなく、オーダーメイドのウエディングを行う場合も、結婚式場で行うブライダルはどのようなものがあるのか、ブライダルフェアなどにいってみておく必要があります。
ブライダルフェアに行く前に、しておくべきことはなにか、まずはそれを理解すべきです。

ブライダルフェアにいく前に結婚式の知識を持っておく

ブライダルフェアに行く前に、時間がある方は、出来れば式場に足を運び、結婚式場の仕組みなどを理解しておくと安心です。
また結婚式そのものについても、知識を持っておくことで、こういう挙式にしたいという具体的な案を考えることができます。

結婚式場に見学に行くと、スタッフが式場の美しさやこの式場でウエディングする事のメリットなどを紹介してくれると思いますので、そこに自分たちが思うウエディングの形が当てはまるかどうかを確認します。

特長も抑えておくと比較検討材料になります。
ロケーションが最高、ゲストが安心できる設備がある、カップルのオリジナリティを重視してくれる、衣裳が幅広い・・・など、その式場の特徴も見ておきましょう。

ブライダルフェアで見ておくべきポイントとは

まずは日程、ご両親、主要ゲストにあらかじめ打診しておく方がいいと思います。
お仕事の都合などもありますので、無理のない日程にするためにもブライダルフェアの前に確認が必要です。

予算もある程度決めていると思いますが、これ以上は出せないという上限を決めておく方が安心です。
結婚式後にはお二人の新しい生活が始まります。
無理をして生活に支障が出るようでは困ります。

結婚情報誌には平均額が掲載されていますが、そこに自分たちのウエディング費用が当てはまるかどうかということは別問題です。
もっと低く抑えることもできますし、高くすることもできます。

予算を決めてブライダルフェアを見に行き、素敵だなと思う挙式プランがあれば予算が合うかどうか確認します。

カップルのこだわりはどうでしょう。
こういう挙式にしたい、こういうウエディングをやりたいという時、その条件に沿った挙式ができるかどうか、二人が納得のいくウエディングシステムがあるかどうかもフェアで見てきましょう。

スタッフの雰囲気をみたり、サプライズ演出ができるか確認したり、バリアフリーなどはどうなのか、またドレスやヘアメイクに個性を出せるか?といったことも確認が必要でしょう。

これは絶対と思う条件や予算のことなど、あらかじめ二人で話し合い、崩せない部分を把握しておけば、ブライダルフェアの見方も違ってくると思います。