結婚式の費用を安くおさえるコツ

結婚式の費用、かなりかかります

プロポーズ、いよいよ結婚が決まったという二人には、これから結婚式という共同作業を行う必要があります。
後悔しない、満足のいく挙式にするためにはまず結婚式の事を深く学ぶという事が大切です。

女性は挙式に対して憧れを持っている方が多いので、どんなデザインのドレスにしようかとか、お色直しはどうしようとか、誰にどういう余興をしてもらえばいいかな?などと色々な事を考えると思いますし、男性も彼女が最高と思う挙式にしたい、両親に感謝の気持ちをしっかり伝える結婚式にしたい等、やはり結婚式に対して様々な事を考えるでしょう。

しかしもっとも先に考えなくてはならないのが、「費用」です。
海外の挙式などの場合、それほど大きな費用がかからないといわれます。
もちろん国によって違いがあると思いますが、日本よりもかなり低い金額で結婚式ができるという国は多いです。

日本の場合、少なくとも挙式、披露宴を一般的な方法、例えばホテルや結婚式場などで行うという事を考えると、300万円くらいはかかります。
そのため、費用をしっかりと考えてから挙式、披露宴の事を考える必要があるのです。

安いほどいいということもない、高いほどいいということもない

結婚式にどのくらいの費用をかけたか聞いてみると、最も多いのが200万から250万、次いで300万、250万位、最後に150万から200万という先輩たちのデータがあります。
やはり300万円くらい、という予算を考えておく方がよさそうです。

なるべく安く抑えたいというカップルもいますが、安ければいいという事もありません。
最終的に安くしてしたいことをしなかったことで、後悔するカップルも多いです。
また費用をたっぷりかけて結婚式をしてから、もっとほかの事にお金をうまく利用すればよかったね?と後悔するカップルもいます。

それでも結婚式の費用を安く抑えたいという方は

予算が少ない、なるべく安く抑えたいという時には、結婚式場を利用する、ホテルを利用するという事ではなく、例えば最も安く行う事が出来る方法としては、会費制で行うという事です。

北海道などでは体育館などを借りて会費制の挙式をするという事が珍しくありません。
こうする事でゲストも余計な費用を払う事もなく、お互い低い予算で挙式できるという事になります。
ただご両親たちは会費制という事に難色を示すという事もあります。

結婚式場やホテルでしっかりと挙式してほしいとご両親が願っている場合、ホテルや結婚式会場でも、飾り付けや持ち込みなどを無料で自分たちができるところを選ぶといいでしょう。
通常挙式会場などで利用されるお花などは、提携した花屋さんがありそこを利用します。
ホテルや結婚式場はこの提携によって手数料を貰っているという事もあるので、これを利用しない場合、持ち込みは有料という事もあります。

装飾品やお酒、お花などなんでも持ち込みしていいという会場もありますので、そういった会場をみつけて結婚式を考えてみてはいかがでしょうか。