結婚式費用の相場

そろばん

結婚式にはお金がかかる

結婚式を考え始めた時期、どのような華々しい式にしようか色々な想像を膨らませていることでしょう。
しかし、現実的な諸問題をきちんと考えるのは大切なことです。
特に結婚式の場合は、さまざまなところでお金がかかってしまうため、そのお金を準備しなければなりません。

どのようなスタイルの結婚式をしたいのかによって、必要な金額は全く異なります。
そのため、まずは具体的な計画をすることが必要ですが、自分たちはどれほどの予算を準備できるかを考えるところから始めてみましょう。

結婚式の費用の相場

結婚式の費用の相場は、全国平均で300万円を超えています。
招待人数の平均は73人、これより少ない数を招待するのであれば、費用は下がっていくかもしれません。
また、上記の費用総額は二次会や新婚旅行、結納などを含んでいないため注意してください。

家族や身内だけの小さな結婚式を挙げる場合には、それほどお金はかからないかもしれません。
しかし、それでも100万円以上は見積もっておくべきです。

このように結婚式には、多大な費用がかかるため、長期的な計画でお金を貯めていかなれければなりません。
挙式までの費用工面に対し、あまりにも長い道のりを想像した方も少なくはないのではないでしょうか?

それでも結婚式は、新郎新婦の夢。
上記の費用分をしっかり貯め、夢を実現させるのも良いですが、最近は格安で結婚式を挙げることができるのを知っているでしょうか?

格安の結婚式を実現できる例として、次のサイトをご紹介します。
>>http://www.st-aqua.jp/
最安「39,800円」で結婚式を挙げるプランを用意しており、利用すれば、相場の100分の1の予算で済みます。
式内容も新郎新婦のこだわりによって、十分に豪華に見せることが可能です。
式場も海沿いに構えているので、ロケーションの問題もありません。

費用を溜める見積もりができない方には、特におすすめできる式場です。
興味があれば、問い合わせから始めてみてはいかがでしょうか。

どこにお金がかかるか

結婚式のどのような部分にお金がかかってしまうのか、具体的にご紹介します。
まず、最もお金がかかってしまうのは、料理や飲み物にかかる料金。

人数が増えるに従い、費用はかさんでいきます。
平均相場は、100万円以上と、式費用全体の約3分の1を占めているのです。

他には、新郎新婦の衣装代に50万円以上、引き出物を用意するにも30万円以上ものお金が必要です。
さらに、挙式料に20万円、写真撮影やビデオ撮影をしてもらうにも、20万円程度のお金がかかってきます。
司会の依頼や、ブーケを用意するにも、さらなる費用がかかってくるかもしれません。

上記のように、それぞれに高い費用がかかるため、総額300万円という数字になってしまいます。
結婚式を挙げるならば、結婚費用を捻出するための目処がついてからにしましょう。