ウエディングドレスの決め方

ドレス選びよりも先に決めておきたいこと

結婚式の主役はなんといっても花嫁。
だからこそ、最高の自分を演出してくれるような素敵なウエディングドレスを選びたいものです。
しかしドレスを選ぶ際には、自分に似合うかどうかという点はとても大切なのですが、それ以上に大切なことがあります。
それは、結婚式場とマッチしたスタイルかどうかという点です。
例えば、教会のように長いバージンロードを歩くような結婚式場なら、ボリュームがあって裾が長いドレスがとても映えますが、ガーデン結婚式やレストラン結婚式などで裾の長いドレスを着てしまうと、自分やゲストが裾を踏んでしまったり、転んだりというトラブルの原因になりかねません。
こうした結婚式場なら、動きやすいアンクルレングスのドレスの方が機能的かつ素敵な雰囲気を出しやすくなります。

ドレスを決める要素を知っておこう

ウエディングドレスを決める際には、ドレスの色や形、生地やデザインなど、一つ一つの要素をよく吟味しながら、自分に似合うドレスを見つけるのが良いでしょう。
例えばドレスの色は、ウエディングドレスが必ずしも純白というわけではありません。
同じ白でもオフホワイトやアイボリーシャンパンなどのカラーも人気があります。
色の選び方は肌のトーンで選ぶのが良しとされていて、色白の人ならホワイトが良いですし、小麦色に日焼けをしている人ならオフホワイトやアイボリーシャンパンの方がしっくりするということもあります。

ドレスの形には、Aラインやプリンセスライン、スレンダーライン、マーメイドラインと大きく分類できます。
体型によって似合う形は異なり、スレンダーラインやマーメイドラインは体の曲線がはっきりと出るため、ダイナマイトボディの女性が着るととても魅力的に見えるドレスと言えるでしょう。
一方、Aラインは誰でも似合いやすい形です。
素材を選べば大人っぽく見せることもできますし、可愛らしく見せることもできるのが特徴です。
またプリンセスラインは、パニエを使って胸の下からドレスが広がるタイプで、スリムな人やお腹部分のボリュームを隠したい女性におすすめです。

ドレスはいつ選ぶべきか

結婚式に向けてダイエットする女性は多いですし、女心は秋の空と言われるように、式が近づいてから趣味や好みが変わってドレスを選んでおいてもチェンジすることもあります。
そのため、ウエディングドレスは結婚式の3か月前ぐらいに選ぶようにすると良いでしょう。
結婚式場の多くではドレスのレンタルをしていますし、そばにはレンタルショップなどもあります。

参考:https://the-dressshop.jp/

もしも早めにドレスを選びたい人は、ギリギリになってチェンジしたい場合には対応してくれる所や、サイズが変わってしまっても対応してくれる所を選ぶと安心ですね。