アーカイブ

人前結婚式の魅力と流れ

最近多くなっている人前結婚式とは

最近は披露宴会場でゲストの前で愛を誓い合うというスタイルの人前結婚式が多くなっています。
神様や仏様の前で結婚を報告し、夫婦として誓い合うという事ではなく、ご家族、親族、友人などに立ち会ってもらい、その前で二人の愛を誓うという結婚式です。

人前結婚式の場合、こうしなければならないという決まりがないので、色々な演出が行われています。
宗教、儀式の形式などにとらわれることなく、自由に演出できるというのも人前結婚式の魅力です。

大きなポイントとなるのが、ゲストの前で結婚を宣言する事、二人が夫婦になることを誓うという事です。

一般的な人前結婚式の流れ

参列者が入場し着席します。
その後、披露宴と同じで新郎新婦、証人(多くは友人代表)が入場し着席します。
新郎新婦により結婚の誓いを述べます。
これも新郎のみが行う場合と、二人で行う場合などカップルそれぞれです。

指輪の交換を行い、婚姻届また結婚証明書などに署名します。
これによって証人が夫婦になったことを宣言し、新郎新婦が門出の挨拶を行います。
後に乾杯し披露宴のスタートとなります。

このように、挙式と披露宴を披露宴会場で行うというイメージもあります。
カップルによってはこの人前挙式を最初に行って、その後、レストランでパーティを行ったり、ガーデンウエディングに移行するという事もあります。

形、その流れについても自由というのが、この神前結婚式の大きな魅力でしょう。
ただ、自由だからこそしっかりと行わなくてはならないという事もあります。

ご年配の方に不評という事もある

やはり、ご両親としては神前などでしっかりと厳かに挙式を行い、その後、夫婦となったことをゲストに報告するという形をとりたいと考える方も多いです。
ご両親はいいとしても、親族や祖父母はこうした新しい挙式に難色を示すという事もあります。

ご両親がこうした挙式に反対という場合、どうしてこういうお式にしたいのかという事をしっかり報告し、賛成してほしいという意思を伝えましょう。
親類などにことを考えて、通常の神前結婚式やキリスト教の挙式を行ってほしいという意見もあるかと思います。

結婚式というのは二人だけの物ではなく、新郎新婦、ご両親、それぞれの親類が固めの儀を行うという意味もあります。
そのため、しっかりとした挙式を行い、こういう大切なことがだからこそ伝統的な日本の儀式として行いたいという気持ちもあるでしょう。

結婚式をどう行うかという事は、二人だけの問題ではないのでご両親とよく相談してどのようなお式が望ましいか、ゲストの皆さんも納得していただける挙式にできるようにすることも大切なことです。

仏前結婚式の魅力と流れ

仏前結婚式とは

神前挙式が多い日本ですが、仏式で行われるお式もあります。
通常、仏前結婚式は寺院、またそのご家族の菩提寺で行われることが多いです。
しかし最近は、結婚式場やホテルなどにある祭壇で行う事もあります。
また僧侶を自宅に招き、仏壇の前でお式を行うという事も可能です。

仏前結婚式は「念珠の授与」が主軸となるお式です。
如来の前で夫婦となる誓いを行い、御焼香し、念珠が授与されます。
指輪交換などを行いたいという場合、事前に神社の方に申し出ておくことで、お式の中に組み込んでくれます。

仏前結婚式の流れ

まずは父母、親族が入洞します。
仏前に向かい、右側が新郎側、左側が新婦側です。
新郎新婦が媒酌人夫妻と共に、それぞれ別の入り口から入場します。

司会をされる僧侶が入洞、御焼香、この時一同合掌します。
僧侶が仏前に結婚式を行うことを宣言しますので、一同は起立して宣言を聞きます。
その後、念珠授与です。

仏前結婚式で最も重要な儀式と呼ばれている念珠授与は、僧侶が白房の念珠を新郎に授けます。
新婦には赤房の念珠を授けます。
これを新郎新婦がそれぞれ、左手の四指にかけ、識が終了するまでずっと持っています。
畳などの上に置くことが無いように注意しましょう。

僧侶が新郎新婦に問いかけを行い、仏前にて結婚を誓います。
御焼香は左手に念珠を下げた状態で、新郎、新婦の順に行い、合掌、礼拝を行います。
この後、三々九度です。
仏前結婚式の式杯の場合、神前式と順番が逆で、一の杯は新婦、二の杯を新郎、三の杯を新婦という順番です。

この後、参列者である両親、親族など一同が親族固めの杯を行います。
僧侶より、これから夫婦となって人生を一緒に歩む新郎新婦、またご両親や親族の方々に結婚、人生についてのお話があります。
その後、閉式、退堂という事になります。

結婚式という概念が広まってから

江戸から戦前にかけては、新郎の自宅で親族が一同し、結婚の祝宴が開かれ、新郎新婦のお披露目を行うという儀式でした。
そのため、結婚式というよりも挙式し、食事会を行うというイメージに近いお式です。

戦後、後続の方々のお式に近い神前式が一般的となったのです。
こうした結婚式などの儀式がない日本は、当時、儀式もない野蛮な国といわれていたともされているように、どのようなことを行うのか行ったことがない儀式となったため、神社は仏前のご祈祷などを参考に結婚の儀式、方法を作ったといわれています。

古くから仏様、またどんなものにも神が宿ると考えてきた日本では、神様や先祖の方々に結婚することを報告するという方式が、もっとも結婚の儀としてふさわしいと考えたのでしょう。
現代、日本伝統的な結婚式を行う若いカップルが多くなっているというお話などを聞きます。
白無垢姿でお嫁に行く娘をみたいという御両親の希望も強いようです。

キリスト教結婚式の魅力と流れ

神様に愛を誓うキリスト教の結婚式

二人で愛の誓いを立てるという事ではなく、神様と会衆の前で夫婦となる誓いを交わし、指輪の交換を行います。
新郎新婦、牧師様(神父様)のほかに、この挙式の立ち合いとなる第三者が必要となり、新郎新婦は最も親しい友人、またお世話になった方などに証人として立ち会ってもらいます。
日本の場合、媒酌人が行うことが多いです。

キリスト教はプロテスタントとカトリックがあり、日本でキリスト教信者ではない方がキリスト教結婚式を行う場合、プロテスタントです。
カトリックは信者以外の挙式は行いません。
そのため、信者ではないカップルの挙式は、プロテスタントの牧師様(カトリックの場合、神父様)が行います。

キリスト教の挙式ではベストマン、ブライズメイドと呼ばれる介添え人が付きます。
多くは新郎新婦それぞれのご友人という事が多く、同じ衣装を着ているのですぐにわかります。
介添え人は指輪交換の際、手袋やブライダルブーケを持など、新郎新婦のお世話をします。

キリスト教結婚式の流れ

式場にゲストが到着し受付すると、讃美歌の歌詞カードや式次第などが配られます。
一般的な流れは、参列者がまず会場にはいり、着席します。
最前列に父母、兄弟などがなら時、親族、そして友人というように新郎新婦と関係が深い人が前に座ります。

バージンロードに沿ったお席が空席にならないように中央寄りに座りましょう。
また新郎新婦が入場して前に席を立つとき、バージンロードに入ることは許されません。
左右の通路から移動します。

ウエディングマーチや賛美歌などともに、新郎が入場します。
聖檀の前で新婦を待ちます。

新郎が入場し終わると新婦がお父様と入場します。
お父様が左です。
バージンロードをゆっくり歩いて入場のもとに進み、新郎に新婦を預けます。

ここは非常に感動的な場面です。
静かに見守りましょう。

その後、讃美歌の合唱、聖書朗読、祈祷が行われます。
一同は黙祷します。
牧師様が愛の教えなどを読み上げ、新郎新婦は牧師様の問いかけによって神様と衆目の前、結婚を誓います。

その後、指輪交換です。
新婦はブーケを介添え人に預けて新郎から新婦の指へ、さらに新婦から新郎の指に結婚指輪がはめられます。

司会者が二人の手を合わせて、その上に自分の手を置いて神様に二人の幸せを祈ります。
参列者の方へ新郎新婦が向き直し、結婚が成立したことが宣言されます。
最後に讃美歌、祝祷があり一同に祝福が与えられます。

新郎新婦はバージンロードを通り退場、証人、参列者も退場しお式が終了します。
その後、参列者は教会の外で待ち、でてきた二人にライスシャワーやフラワーシャワーを行い、結婚を祝福します。
キリスト教結婚式はこうした流れになります。

神前結婚式の魅力と流れ

神前結婚式とは

日本で昔から行われてきた伝統的なお式、それが神前結婚式です。
歴史は以外と浅く、明治33年、大正天皇ご成婚時において、神社で結婚の儀が行われてことで一般にも広がったお式です。

それ以前は、新郎の実家で親戚が集まり祝宴が行われていました。
大正天皇のご成婚の後、第二次世界大戦以後、この神前結婚式が主流となりました。
三々九度を行い、お祓いなどを受けて神様の前で夫婦の誓いをたてます。
神社の拝殿で行われる挙式の後、ホテルや結婚式場などで披露宴を行う、もしくはホテルや結婚式場に拝殿があり、そこで挙式、披露宴を行うなどの挙式方法です。

挙式の参列は親族まで

挙式は神社、またホテルや結婚式場などによって違いがありますが、リハーサルのような説明がありますし、実際は係員がいてそのスタッフの指示に従って動けばいいので、難しい事はありません。

教会での挙式の場合、教会に入る事が出来ればご友人なども挙式に参列する事ができますが、拝殿で行う神前式の場合、一般的には親族が参列し、ご友人などは参列しません。
通常、30名ぐらいという神社が多いでしょう。

拝殿に入るときには、手水の儀を行い、身を清めます。
結婚式場などで行う場合、こうした身を清める儀式などは省略されることが多いのですが、神社では必ず行います。

挙式の最中の注意点

親族のお子さんが挙式に参列するという事もありますが、儀式の最中お子さんがぐずって泣き出したら、一緒に連れて静かに退場します。
写真などの撮影は禁止という神社もありますので、確認しておく方がいいでしょう。

結婚式場やホテルで行う神前式の挙式は神社の儀式と違う点もあります。
そのため、神社で挙式を行う場合、しっかりと神主さんのお話を聞いて、どのような流れになるか、理解して奥穂具合いでしょう。

神前挙式の流れ

入場は神社の係員の指示に従います。
新郎新婦、新郎の後ろに売却人、その後ろに媒酌人婦人がつき、双方のご両親、兄弟、祖父母、叔父叔母などの親族という具合に、関係が深い順に並び入場します。
着席の位置などは係員が指示してくれます。

司祭の斎主斎員が入場、着席し、開式が告げられお祓いが行われます。
一同起立、深くおじぎをしてから軽く頭を下げてお祓いを受けます。

斎主が深く一拝し、一同起立し一拝、この後神様に米、酒などを備える儀がありますが、通常、お供えしてあります。
祝詞が奏上され、結婚を神様に報告します。
その間、一同起立、頭を下げます。

流れとしては参列者が入場、着席し、斎主以下斎員が着席、お祓い、斎主一拝、献饌、祝詞奏上、三献の儀(三々九度)、新郎新婦誓詞奏上、指輪交換、玉串奉奠、親族杯の儀、斎主一拝、退場という流れになります。

三々九度のやり方、玉串の捧げ方などは、係りの方が指導してくれますので、それほど心配はいりません。
緊張する経験となりますが、こうした儀式を受けることは人生にたった一度の事なので、非常に感動する経験となるでしょう。

自宅結婚式の魅力と流れ

昔から行われてきた日本の結婚式「自宅結婚式」

第二次世界大戦後、神前挙式やキリスト教式の結婚式が主流となりましたが、それ以前、戦前は新郎の家に両家の親族があつまり、自宅で結婚するという事が一般的でした。
よく昔の写真や結婚式の様子で、花嫁行列などをみますが、これは新郎の自宅で挙式を行っていたからこそ見られた風景です。

花嫁は支度を整えて、媒酌人と共に新郎宅に向かいます。
昔は自動車などもあまり普及していない時代です。
新郎と新婦は見合いで結婚が決まったという事も多かったので、隣村や近所の方がお相手という事も多く、新郎の家まで両親と媒酌人と共に花嫁が歩いて向かうという事も多かったのです。
これが花嫁行列で、近所の方や子供たちは花嫁さんを一目見ようと道で待ってますし、こうした花嫁行列で美しい白無垢姿のお嫁さんが歩いているのを見て、子供たちは憧れを持ったことでしょう。

三々九度など結婚の誓いの盃を交わしますが、これは自宅結婚式がルーツとなってのでは?とも言われています。
まさしく結婚式というよりも祝言をあげるという言葉がぴったりの自宅結婚式です。

地方の旧家などでは未だ行われているところもある

伝統的によい家柄で古くから旧家と呼ばれている家などでは、今でもこうした自宅結婚式が行われることがあります。
少なくなってきていますが、地方の旧家などはいまだ、こうした伝統的な挙式を行う場合もあります。

昔の自宅結婚式は今よりもずっと硬いもので、現代はどちらかというとフランクなイメージの挙式となっています。
結婚式というと、挙式費用、披露宴費用などかなりの料金がかかり、日本の場合、300万円程度かかるといわれています。

自宅結婚式にすることで、デリバリーを利用したり、庭などでバーベキューをするなど予算を抑える事もできます。
身内だけのアットホームな雰囲気があり、現代こそ、印象的なお式になるでしょう。

結婚式のデリバリーサービスも多くなっている

結婚式そのものを自宅にデリバリー出来るというサービスも登場しています。
庭とリビングを繋げて特設会場を作り、赤の絨毯を敷きバージンロード的なものを作ったり、テーブルなども結婚式にふさわしいものを準備、勿論、お酒も食事もデリバリーで持ってきてくれるので安心です。
ご両親も新郎新婦も慣れている自宅で結婚式を行うことで、記憶に残る印象的な結婚式となるでしょうし、デリバリーサービスなどを利用すれば、会場づくりも何もかも行ってくれるので、かなり楽になります。

自宅での挙式はお子さんたちが飽きてしまったら、お子さんたちは別の部屋に行ってゲームをして遊ぶとか、庭で行う場合、外で遊んでいてもいいでしょう。
形式にとらわれず結婚式を考えていくと、自由にいろいろなことができるという事がわかってきます。
予算的な面でもメリットの高いお式となりますので、検討してみてもいいでしょう。