ウエディングフォトの種類や特徴

結婚式の記念となる写真、知っておきたいウエディングフォトのこと

結婚式当日にウエディングフォトを撮る方もいますし、前撮りされる方もいます。
せっかくウエディングドレスをきるんだから、いくつかのシチュエーションの写真が欲しいと、沢山のウエディングフォトを残される方もいます。

実はウエディングフォトと一口にいっても、かなりの数があり、前撮り、フォトウエディング、スタジオ撮影、エンゲージメントフォト、さらにロケーション撮影やお式当日の写真撮影等多数の種類があります。

前撮り・・フォトウエディングとどう違うの?

沢山のカップルが選択するのが前撮りです。
結婚式当日はやはりバタバタと時間に追われることが多く、ゆっくり写真が取れないということや、和装をしたいけれど当日は時間がなくて着られない・・・という時、また結婚式のウエルカムアイテムとして写真を利用したいと前撮りされます。

結婚式よりも前に、結婚式の衣装を着て前もって写真を撮るのが前撮りです。
忙しい当日ではなくゆったりと時間が取れる時に行うので、拘りの写真撮影ができますし、衣裳等も自分が着たいものを選択して、様々なお写真を撮る事が出来ます。

ではフォトウエディングとは何かというと、お式を行わない代わりに、婚礼衣装を着て写真撮影のみ行うことをいいます。
お式は費用の都合上やお互いのスケジュールの都合、また結婚式自体は必要ないと行わないけれど、一緒になった記念に何か残したいなどの際に利用されます。

結婚式を挙げたかのようにチャペルで挙式写真を撮ることもできますし、籍を入れてハネムーンだけ行うという時にも、海外で挙式衣裳を着て撮影するなどみなさん様々です。

スタジオ撮影のほかにもロケーション撮影がある

結婚式の写真というと、当日、ホテルや式場の絵になるスポットで撮影したり、写真スタジオで撮影するなど、様々な撮影ができます。
スタジオで撮影する写真は、照明などをしっかり使いより本格的な写真撮影ができるので記念になります。

室内での撮影になりますので、天候に左右されませんし、お子さんが一緒という場合でも、屋内なら安心して撮影することができます。

ロケーション撮影は、室内ではなく美しい海を背景にお二人を撮影したり、花畑の中にたたずむ美しい花嫁さんを撮影、また最近は重要文化財の前で撮影されるというカップルもいます。

自然な光と美しい風景、開放感たっぷりに撮影できるので緊張した表情ではなく、次第に自然な笑顔が出るようになり、スタジオ撮影とはまた違う自然な表情の写真を撮影できるといわれています。

美しいロケーションのスポットやウエディングの衣装にあったスポット、またお二人の思い出の場所などで撮影もできますので、より結婚式の思い出が深くなるのではないかと思います。

エンゲージメントフォトで二人の思い出をより深く残そう

海外ではすでにエンゲージメントフォトが定番といわれていますが、日本ではまだ実行されている方が少ないようです。
プロポーズを受けて挙式されるまでの期間中に撮影する、婚約記念フォトといったイメージの撮影です。

デートしているようにいつも二人で行く場所で撮影したり、カジュアルな格好で撮影することができ、こうしたエンゲージメントフォトを結婚式の二人のなれ初めなどに利用してもいいかと思います。

ストーリー性を持たせて撮影すれば、ウエディングムービー等も作れますし、ウエディングの素敵な演出としても利用出来ますし、お二人の結婚式までの時間を追って取れば、ドキュメンタリー的な写真を残すことができ、これも思い出に深く刻まれると思います。