【冠】お祝い事一覧

お祝い

お祝いごとはたくさんある

日本には冠婚葬祭という文化がありますが、中でも冠としてのお祝いごとはたくさんあります。
生まれてから成人するまでの間には、節目節目で子供を祝うためのさまざまな行事が存在しています。
それらを通して、子供の健やかな成長を喜び、立派な大人になることを期待するのです。

元々、冠というのは成人式のことを指しています。
それだけではなくて、現在では出産や七五三、入学、卒業なども含めて、お祝い事一般を表す言葉として定着しています。
冠を頂く、つまり社会的な役職を得たり、参政権を得るという意味もあります。

現在では成人したとしても、それはお酒やたばこを自由に利用できるようになるという程度にしか認識されていません。
しかし、かつての封建主義の時代には、子供が元服すると、親類縁者からたくさんのお祝いの品をもらい、そのことが祝われていました。
今日でも、冠として、子供の成長の節目に親類縁者がお祝いをするという文化が残されています。

お祝い事一般について

基本的にお祝い事というのは、子供が生まれてから成人になるまでの間に行われます。
出産をすれば、多くの方から出産祝いをもらうことになるでしょう。
子供が三歳や五歳、七歳になった時にはそれぞれ七五三としてお祝いをします。

小学校に入学すれば、そのことをお祝いされますし、卒業をする時にもお祝いはあります。
これは中学校や高校、大学に入る時まで一般的に続きます。
そして、最終的には成人式で大人の仲間入りを果たすことにより、冠を頂くことになります。

ただし、現代では成人式を迎えたとしても、まだ大学生であるため、社会人として認められているわけではありません。
お祝いごととして、就職お祝いを渡すこともあります。
これらお祝い事には決まったマナーが存在しているため、できるだけそれにしたがいましょう。

もちろん、家庭によっては、細かいマナーをまったく気にしない場合もあります。
しかし、万が一相手の家庭がマナーに厳しい場合、マナー違反なお祝いをしてしまうとかえって失礼になります。
昔からの決まり事としてマナーがたくさん存在しており、それらは地域ごとに異なっているケースもあります。

当サイトでは、できるだけ細かい点について解説するため、参考にしましょう。
どれくらいの金額のお祝い事をするべきなのか、どのようなメッセージを添えるべきなのか、お祝いをするタイミングはいつなのかといった点を説明しています。
お祝い事に関して分からないことがある方のために、その疑問を解消します。

お祝い事一般に関する記事を用意しているため、ぜひとも読んでみてください。
まだ、お祝い事をする予定のない方であっても、将来的には必ず親類縁者に対してお祝いをする立場となるでしょう。
その時のために基本的な点を理解しておきましょう。